FC2ブログ
なつ

2019-08

ロコの大換羽 - 2019.08.25 Sun

ロコちゃん3歳のお誕生日に!と(今小鳥を飼って
いらっしゃる方の間で人気の) 炊飯器とアヒルの
浮き輪を作家仲間さんからプレゼントしていただき
ました。(rerebooさんありがとうございます)

あぁ、憧れの炊飯器。
しかもレトロなやつの方。☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ukiwa.jpg

早速赤キビ盛ってみました・・・・
食べてくれるかなぁ(ワクワク)

suihanki1.jpg

・・・・・
「ロコ、映えは得意だけど、今日は遠慮しとく」
(だって怪しいじゃん?この餌。蓋閉まったりしない
でしょうね。)
場合によっては閉まります(^^;)

suihanki2.jpg

3歳の誕生日を元気に迎えて、ホッとしたのもつか
の間、プレゼントを頂いたときも元気に遊んでいま
したが・・・
このあとロコの体調が急変してしまいました。

いつもロコは朝7時頃暗幕を外してもらい「おはよう」
をします。
外すと寝床から顔をぴょこっと出すのですが、この
日は出しませんでした。

心臓がバクバクしました。
手を入れると小石の様な塊が隅の方に・・・
血の気が引きましたが、その塊はかすかではあり
ましたが確かに動きました。まだ生きている!
でも力がありません。
急いで抱き上げて様子を見るとぐったり、立つことも
できず、更に悪いことに痙攣を起こしていました。
痙攣という言葉がぴったりなのか分かりませんが、
規則正しくピクピクして頭が地面についてお尻が
上がってしまいます。
そこからは記憶が不正確です。
ほとんどパニックです。

せっかくの夏休みでゆっくり寝てもらいたいと思って
いたオットを起こし、いつもの病院に電話をして、
身支度をして移動カゴを準備したりするのですが、
どれもこれも要領悪すぎです。
痙攣ってとても怖いですよね。
オットが素早く起きて車を出してくれるというので
本当に本当に助かりました。
私といえば情けないほどオロオロオロオロ。
その日の予定と次の日の予定をキャンセルして
藁にもすがる思いで魔法の小鳥用プロポリスを
飲み水に混ぜてスポイトで与えたり、温めたり、
抱っこのままでは服も着替えられず、優先順位
が分からず半べそ状態です。

9時には病院に着き、予約外でしたが、看護師さん
が様子を見に来てくれて、すぐに通してくれました。

病院ロコ
痙攣で転がってしまうので、タオルで包まれて
病院へ。


先生が「痙攣していますね、脳の方の問題かもしれ
ません。もともとあった問題が出て来たのかも」と。
昨日まで元気いっぱいだったのに・・・なにがどう
して?(T T) なんで?なんで?・・・

痙攣は体力を消耗してしまうので、鎮静剤を注射
しましょうと細い細い針の注射をいつもの背中では
なく胸に刺しました。
(胸に刺すのは初めて見て、衝撃的でした)
刺された途端、ショック死したのかと疑うほどぐったり
目もつぶりぺちゃんこになってしまいました。
先生が1時間から2時間は眠ってくれるでしょうと。
確かに痙攣は収まりました。
そしてお薬をいただいて帰ってきました。
(いろいろな可能性や対処方法などお話してきました
が、割愛)


頑張ったね。帰ろうね。
帰宅時

約1時間でロコは目を覚ましましたが、手の中で時計
回りにぐるぐるぐるぐる回ります。(それが可哀想で・・)
左足も上手く動きません。
そのとき朝のロコの様子が目が回っているような
様子だったことに気付きました。

でもくるくる回りながらもご飯をつつきます。でも全く
食べられない様子なので、思いついてフォーミュラを
(何かの時用に新品を冷蔵庫にいれてある)お薬水で
溶いて、スプーンで口元まで持って行くと・・・
食べてくれました。というよりかなりがっついて・・・
「これはいい傾向」
もう必死で食べさせました。
くるくる時計回りは夕方には収まりました。

そしてその日は移動用のカゴにベッドを作り、
寝かせて、私もそばで様子を見守りました。
夜中3回ほど様子を見ましたが、ドキッとするほど
小石のように小さくつぶれてぐっすり眠っています。
それが良かったのか・・・
朝とても良いウンチをして、また沢山ご飯
(フォーミュラ)を食べてくれます。
左足は麻痺をしているので上手く歩けませんが、
立てるまで回復しました。痙攣も全くなくなり
ました。夕方には毎日習慣の水浴びも少しだけ。
(おかしゃん、びっくりよ)

ロコが体調を崩す少し前から、ロコは酷い換羽です。
木の葉が落ちるように羽が抜けまくっています。
もともとあった疾患に大換羽が重なって体調を
崩したのかもしれません。
朝は大きなウンチをするのが小鳥ですが、それ
も水っぽいものだけだったので、お腹が空きす
ぎたのかな、脱水だったのかな?
エアコン寒かったかな。いろんなこと考えてしま
います。
脳腫瘍かどうかも、これは先生も分からないし
調べられないとおっしゃっていました。
ただ腫瘍であれば、痙攣はこんな風に収まるの
でしょうか。でも足が麻痺してしまうということは・・・
私には何もわかりません。

何もわかりませんが、弱いおかしゃんですが、
ロコの奇跡の回復と体力に感謝して、今は見守り
続けたいと思います。
換羽が過ぎ去るまでしっかり栄養付けようね。

滋養になるご飯があったら教えて下さいね。





スポンサーサイト



あれから1年 - 2018.08.27 Mon

今日でトトが旅立って一年になります。
トトのお家は綺麗に掃除されてそのままの位置です。
悲しいから片付けようとか、次の子をお迎えするまでとか、そんなこと
も何にも考えられず・・・ただ時が流れて行きました。
未だに新しい子を「お迎え」という気持ちになれないことに驚いています。
今まで子育てが大変な一時期を除いてセキセイインコがいなかったとき
がないくらいですから・・・・

可愛かったトトを思い出してはぴゅ~っと隙間風が入り込むような虚しさ
を覚えます。
出来ることは全部やり切ったくらい医療費も自分の時間も使いました。
そういう意味では後悔はありませんが、最後まで医療的指導でお腹一杯
ご飯を食べさせてあげられなかったことは今も悲しいです。
どうか向こうでたらふく食べて、満たされていて欲しいと思うばかりです。

これから「新たに小鳥を飼うことは絶対ない」なんて思っていないし、今は
心が充電されていなくて、出会いを見つける気力やチャンスが訪れていない
だけなんだろうなと思っています。
それに可愛い可愛いロコがいてくれてますから!
寂しいことはありません。


可愛いトト。美人さんだったねー。
とにかく美しい羽色や模様が魅力的で、よく分からないおしゃべりを
ずっとしていた女の子でした。

褒める


上を見るトト


トトの良い所



台所に飾ってます。

トトの思い出


近いうちにショップに少し商品を並べようと思っているのですが
なかなか進まず、もうしばらく時間がかかりそうです。
準備が整いましたら、こちらでお知らせします。


See you !





エナガ と 2018ヒヨドリ劇場オープン - 2018.01.29 Mon

自称鳥好きなのに、実は私、白い妖精のエナガを生で見たことが
ありません。ハムスターのように可愛いとも聞きます。
見たくて見たくて、いろんな人から「え、その辺にいるよ~」なんて
聞くのに見つけられません。

鳴き声でまずは見つけるという情報と、場所を聞いてオットとぶらり
散歩に出ました。が、一日目は場所を見つけるのに手間取り、夕方
になってしまいダメ。
2日目こそ!ともう、場所は分かったので早めに意気込んで探すも
見つからず。駐車場に戻ってきたところで、木々を見上げたら
シジュウカラが!と思ったらメジロもいるーー!ラッキー!
と喜んでいたらコゲラまで姿を見せてくれて!!しかもドラミング、
もう、「おおおおー」しか声出ません。(*゚Q゚*)
(ことりか、ここまでは何とか見たことがある)オットは初のコゲラに
大興奮。
馬鹿みたいに二人でひそひそ、小さくワーワー言って望遠なしの
カメラでシャッター切っていたら・・・騒ぎの中何かの流れがやって
きて、それが一目でエナガと分かりました。

下の写真で矢印の先がエナガ。10羽近くいたと思います。
enga6.jpg

枝に乗っているのではなく、どの子も枝にぶら下がっています。
enaga3.jpg

ふと後ろを振り向いたら目の高さに一羽エナガが・・・・!(枝邪魔、
ピンと合わない、顔見えない)
enaga1.jpg

シュッ!
enaga2_20180129231955ecb.jpg

ひゃあああーーー。悶絶。

結局野鳥を撮るということに全く慣れていないため、まともな写真
は一枚も撮れませんでしたが、かろうじてピンクの羽や黒い線、
色白真ん丸ボディーは収められました。

本当に噂通り可愛い、可愛いって言うかもうなんかふわふわの
毛玉でした。



そして・・・・我が家にも待ちに待ったヒヨちゃんが登場!!!
じゃーん!(=でーん!) か、かわいいのう。
2018ひよちゃん

去年もご来店は1月後半だったなぁ。
それは去年餌を出したのがたまたまその時期だったからだと
思っていたけれど、今年は早めに出しても来ず、もしかして自然界
では今がちょうどエサが少なくなってくる時期なのかもしれない。
忘れなければ記録しておこう。

でも慎ましやかなメジたんはやっぱり来ません。


今日は野鳥談義で・・・・失礼しました。


トト先生と高橋先生 - 2017.09.01 Fri

トトのために優しい言葉と涙を本当にありがとうございます。
泣かせるつもりもなく、でも看板娘の一人として報告しないわけ
にもゆかず・・・・
飼い主も沼の底に沈んでいる場合じゃないぞと、皆様の温かな手に
導かれ、浮上中でございます。

pretty toto

「おかしゃん、早く浮かびなさいね。」




トトの先生から綺麗な綺麗なお花が届きました。
もうびっくりです。  (´;ω;`)


トト先生2


「トトちゃん、ずっと頑張ってきたからね・・・・」と言って下さり、
家族だけじゃなくて、先生もいつも見ていて下さったことに
改めて驚き、感謝の気持ちでいっぱいになりました。
本当に優しい先生に出会えました。


お花

トトはトトの先生のことを一度も怖がったことがなく、発情期に
おかしゃんの手はガブガブ噛むのに先生の手は一度も噛んだこと
がありません。
無理な治療もなく、飼い主の心に寄り添って、心配になるような
言葉も少ないのが私にはとても心地よいです。


主のいないカゴを見ては毎度どっきりして、おかしゃんはまだ
トトがいないことが日常ではありません。
そこにお花があることが現実であり、また寄り添う優しさを
感じるときでもあります。







お花を見ていたら、田園調布の日本で初めての小鳥の専門病院
を開業された高橋達志郎先生とその奥様、千世さんのことまで
思い出してしまいました。


小鳥の病院1


当時小鳥を診てくれる病院がない時代に日本で唯一の小鳥の
お医者様でした。
この先生のもとにお小遣いを握りしめて何度も通えた経験は私に
とっては宝物です。
小さな診察室は日本全国から来た愛鳥家さんとその患鳥さんで
いつもいっぱい。
診察室に2-3人は入れるので一緒に診療が見られたり、お話が
聞けます。


小鳥の病院2


あるとき私の直前の患鳥さんが目の前で亡くなってしまいました。
涙に暮れる飼い主さんを前に奥様の千世さんが優しく優しく小鳥
を布に包んで、花瓶に活けた花束からお花を一輪、花ばさみ
で切って小鳥が入った箱に添えてくれました。
そのさりげない、でも深い深い優しさがみんなの涙を誘いました。
そしてその場にいたみんなはどこか救われたのです。

そのときお医者様の仕事は病気や怪我を治すのはもちろんですが、
患者に寄り添ったり飼い主の不安に押しつぶされそうな心も癒して
こそなんだなと思いました。
もっといえばお花は1つの形です。
先生にとっては大勢の患者さんの一人、でも患者さんにとっては
たった一人のお医者様、その先生が一瞬でも寄り添う気持ちを
もってくださることが、本当は(お花がなくても)患者にとって何より
の薬なのです。

トトの先生から、その優しさを頂き、高橋先生のことも思い出し、
また胸がいっぱいになって沈みそうです。

高橋先生をご存知の方は少ないかもしれませんが、鳥飼さんには
レジェンドですね。
この先生に憧れて小鳥の専門医になる方もいらっしゃるのでは
ないでしょうか。お弟子さんが継がれていると聞きましたが、その後
どうなっているのでしょう・・・

ご存知の方いらっしゃったら是非教えて下さい。(^^)


See you.




トトからご挨拶 - 2017.08.28 Mon

こんにちは、トトです。

totoyo.jpg

一昨日から空気が秋めいて来たっておかしゃんが言っています。
夜の音も変わったって。
夜も時間を惜しむように鳴いていたセミさんに代わって、秋虫
がコロコロ大合唱です。

洗われたトト

トトは換羽が終わって真っ白&綺麗なグレーにお洋服を着替え
たところです。(この写真は去年の使いまわしだって)

首をかしげたインコは正義

おかしゃんは今はぽかーんとして、時々泣いたり、お姉ちゃんや
おとしゃんと話して写真を見て笑っています。
仕方ないです。
アタチもよくわからないまま急にこちらに旅立ってしまったのです
から・・・・・

アタチはここ半年くらい本当に元気いっぱいだったんですよ。
でも25日の朝、体が膨らんでいて、これはよくないとおかしゃんと
おねえちゃんがすぐに保温して車で予約外で病院に連れて行って
くれましたが、ウンチの色がよくないと先生がおっしゃって、入院に
ついて話し合っていました。
そして先生は注射を一本打って下さいました。
入院については先生も「出来るのは強制給餌だけだから・・・
どうかな。(かえって負担になるかもという意味で)」って。
それで、おかしゃんは「お薬のお水とそのお水で溶いたフォーミュラー
を2時間おきに飲ませます」って言って、先生もそれが出来るならその
方が良いとおっしゃってくれたのでトトはお家に帰ってきました。

おかしゃんはその日夜中の2時までそうやってお薬とご飯をずっと
つきっきりでくれました。
トトのお家の前にお布団を敷いて一緒にいてくれました。

でもおかしゃんがウトウトして4時にアタチを確認したときはもう
この世界にさよならをしたあとでした。
アタチ、敷き紙のキッチンペーパーの下に潜っての姿だったので、
「トト誰にも見られたくなかったんだね、頑張ったね」っておかしゃん
抱きしめてくれたよ。
トトはホコリ←もとい、誇り高きインコですからね、うっかりそんな姿
は見せません。
それから朝までおかしゃんの隣で一緒です。

そんなわけでおかしゃんが、信じられないと呆然としています。
もともと少しピントがずれているおかしゃんですが、この度は許して
やってください。

いつもトトさん、トトさんってアタチのことを気に掛けて優しい言葉を
下さったみなさま、4年と8カ月という時間でしたが、いつも応援して
下さってありがとうございました。
トトはこれから虹の橋のたもとで、ご飯をたっくさん食べて、足取り
軽く歩いて、大空も飛んで のーんびりさせてもらう予定です!
みっちゃんやチャコがお迎えに来て、おかしゃんの可愛がった子たち
にもきっと会えると思います。






作品を3点ショップに出しました。
まだまだ出せるものはたーーくさんあるのですが、いったんここで
新作は終わりにします。
ショップはもうしばらく開けておきますので(少なくとも2週間くらい
は)どうぞごゆっくり見て行って下さいね。



                 こちら↓か
      
        ショップボタン2jpg


左の小鳥のお顔のバナーからお入り下さいませ。






NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

飛び回る小鳥たち ver2

プロフィール

ことりか

Author:ことりか
ハンドメイドの小鳥のアクセサリーや雑貨などを作っています。
小鳥が可愛くて可愛くて、溢れる思いで制作しています。
自分自身が小鳥グッズ大好きで、お店でなかなか見つけられないグッズは
「じゃあ、自分で作っちゃえ!」から始まりました。
とても時間のかかる作品ばかりで数が少ないのですが、コンスタントに作り続けています。

人生の9割以上をセキセイインコと共に過ごしてきました。
卵を産んでばかりが悩みのタネのセキセイ=トトは長生きさせてあげられず4歳7カ月で旅立ちました。今は我が家に持ち込まれた足の不自由な小さな雀=ロコを保護中です。

好きなキーワードは
「小鳥」「鳥かご」
「家(可愛い形の家)」「雪」
「宇宙」「木工品」「樹木・花」
「ハンドメイド」「北海道」
「海」「山」など

ブログ内の作品、写真の著作権は放棄しておりません。模倣、転載、転売、盗用はご遠慮下さいませ。

オークション

Kotorika の お店

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

カテゴリ

オークション関連 (44)
作品 *セキセイインコ* (442)
作品 *野鳥* (78)
作品 *その他の鳥* (221)
その他の作品 (192)
絵 (9)
小鳥のこと (63)
一期一会の雲たち (29)
日々のこと (65)
未分類 (11)
作り方あれこれ (11)
ショップ関連 (31)
イベント情報 (9)

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

フリーエリア

ペットのおうち

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

リンク

QRコード

QR