秋

2017-10

トト先生と高橋先生 - 2017.09.01 Fri

トトのために優しい言葉と涙を本当にありがとうございます。
泣かせるつもりもなく、でも看板娘の一人として報告しないわけ
にもゆかず・・・・
飼い主も沼の底に沈んでいる場合じゃないぞと、皆様の温かな手に
導かれ、浮上中でございます。

pretty toto

「おかしゃん、早く浮かびなさいね。」




トトの先生から綺麗な綺麗なお花が届きました。
もうびっくりです。  (´;ω;`)


トト先生2


「トトちゃん、ずっと頑張ってきたからね・・・・」と言って下さり、
家族だけじゃなくて、先生もいつも見ていて下さったことに
改めて驚き、感謝の気持ちでいっぱいになりました。
本当に優しい先生に出会えました。


お花

トトはトトの先生のことを一度も怖がったことがなく、発情期に
おかしゃんの手はガブガブ噛むのに先生の手は一度も噛んだこと
がありません。
無理な治療もなく、飼い主の心に寄り添って、心配になるような
言葉も少ないのが私にはとても心地よいです。


主のいないカゴを見ては毎度どっきりして、おかしゃんはまだ
トトがいないことが日常ではありません。
そこにお花があることが現実であり、また寄り添う優しさを
感じるときでもあります。







お花を見ていたら、田園調布の日本で初めての小鳥の専門病院
を開業された高橋達志郎先生とその奥様、千世さんのことまで
思い出してしまいました。


小鳥の病院1


当時小鳥を診てくれる病院がない時代に日本で唯一の小鳥の
お医者様でした。
この先生のもとにお小遣いを握りしめて何度も通えた経験は私に
とっては宝物です。
小さな診察室は日本全国から来た愛鳥家さんとその患鳥さんで
いつもいっぱい。
診察室に2-3人は入れるので一緒に診療が見られたり、お話が
聞けます。


小鳥の病院2


あるとき私の直前の患鳥さんが目の前で亡くなってしまいました。
涙に暮れる飼い主さんを前に奥様の千世さんが優しく優しく小鳥
を布に包んで、花瓶に活けた花束からお花を一輪、花ばさみ
で切って小鳥が入った箱に添えてくれました。
そのさりげない、でも深い深い優しさがみんなの涙を誘いました。
そしてその場にいたみんなはどこか救われたのです。

そのときお医者様の仕事は病気や怪我を治すのはもちろんですが、
患者に寄り添ったり飼い主の不安に押しつぶされそうな心も癒して
こそなんだなと思いました。
もっといえばお花は1つの形です。
先生にとっては大勢の患者さんの一人、でも患者さんにとっては
たった一人のお医者様、その先生が一瞬でも寄り添う気持ちを
もってくださることが、本当は(お花がなくても)患者にとって何より
の薬なのです。

トトの先生から、その優しさを頂き、高橋先生のことも思い出し、
また胸がいっぱいになって沈みそうです。

高橋先生をご存知の方は少ないかもしれませんが、鳥飼さんには
レジェンドですね。
この先生に憧れて小鳥の専門医になる方もいらっしゃるのでは
ないでしょうか。お弟子さんが継がれていると聞きましたが、その後
どうなっているのでしょう・・・

ご存知の方いらっしゃったら是非教えて下さい。(^^)


See you.




スポンサーサイト

トトからご挨拶 - 2017.08.28 Mon

こんにちは、トトです。

totoyo.jpg

一昨日から空気が秋めいて来たっておかしゃんが言っています。
夜の音も変わったって。
夜も時間を惜しむように鳴いていたセミさんに代わって、秋虫
がコロコロ大合唱です。

洗われたトト

トトは換羽が終わって真っ白&綺麗なグレーにお洋服を着替え
たところです。(この写真は去年の使いまわしだって)

首をかしげたインコは正義

おかしゃんは今はぽかーんとして、時々泣いたり、お姉ちゃんや
おとしゃんと話して写真を見て笑っています。
仕方ないです。
アタチもよくわからないまま急にこちらに旅立ってしまったのです
から・・・・・

アタチはここ半年くらい本当に元気いっぱいだったんですよ。
でも25日の朝、体が膨らんでいて、これはよくないとおかしゃんと
おねえちゃんがすぐに保温して車で予約外で病院に連れて行って
くれましたが、ウンチの色がよくないと先生がおっしゃって、入院に
ついて話し合っていました。
そして先生は注射を一本打って下さいました。
入院については先生も「出来るのは強制給餌だけだから・・・
どうかな。(かえって負担になるかもという意味で)」って。
それで、おかしゃんは「お薬のお水とそのお水で溶いたフォーミュラー
を2時間おきに飲ませます」って言って、先生もそれが出来るならその
方が良いとおっしゃってくれたのでトトはお家に帰ってきました。

おかしゃんはその日夜中の2時までそうやってお薬とご飯をずっと
つきっきりでくれました。
トトのお家の前にお布団を敷いて一緒にいてくれました。

でもおかしゃんがウトウトして4時にアタチを確認したときはもう
この世界にさよならをしたあとでした。
アタチ、敷き紙のキッチンペーパーの下に潜っての姿だったので、
「トト誰にも見られたくなかったんだね、頑張ったね」っておかしゃん
抱きしめてくれたよ。
トトはホコリ←もとい、誇り高きインコですからね、うっかりそんな姿
は見せません。
それから朝までおかしゃんの隣で一緒です。

そんなわけでおかしゃんが、信じられないと呆然としています。
もともと少しピントがずれているおかしゃんですが、この度は許して
やってください。

いつもトトさん、トトさんってアタチのことを気に掛けて優しい言葉を
下さったみなさま、4年と8カ月という時間でしたが、いつも応援して
下さってありがとうございました。
トトはこれから虹の橋のたもとで、ご飯をたっくさん食べて、足取り
軽く歩いて、大空も飛んで のーんびりさせてもらう予定です!
みっちゃんやチャコがお迎えに来て、おかしゃんの可愛がった子たち
にもきっと会えると思います。






作品を3点ショップに出しました。
まだまだ出せるものはたーーくさんあるのですが、いったんここで
新作は終わりにします。
ショップはもうしばらく開けておきますので(少なくとも2週間くらい
は)どうぞごゆっくり見て行って下さいね。



                 こちら↓か
      
        ショップボタン2jpg


左の小鳥のお顔のバナーからお入り下さいませ。






自動給餌器 小鳥用 - 2017.05.25 Thu

初めて私のブログに入ってこられる方は、何らかのキーワード検索で入って
くるのだと思いますが、そのキーワードが何かが分かる面白いサービスが
あります。

そこでいくつかのお悩みらしきキーワードがあって、これは困っていらっしゃる
んだろうなと想像できるものがあります。

例えば 「自動給餌器」 というキーワードで私のブログにヒットすることが
あります。
猫ちゃん、ワンちゃん用の自動給餌器は売っていますが、小鳥が餌をセーブ
するための自動給餌器は今のところ売っているのを見かけたことがありません。
(売っていたら教えて下さい。)
たった1グラムを時間になったらあげられる機械、それは自分で作るしかあり
ませんでした。

Kotorika流ですが、ヒット数も多いので、もしも参考になればということで、
ご紹介します(ってほどの代物じゃない!!アナログでしか考えられないので)

自動給餌器1

これは熱帯魚用の自動給餌器です。時間になると矢印の左側の半透明の
グレーの部分がぐるっと回って、先から餌が出て、ピンクの漏斗に入り、
漏斗に繋がれたストローから小鳥の家の餌入れに入ります。(まるで
ピタゴラスイッチ)
出掛ける時は一回だけ、これを利用します。
三回まで自動で回るようセットできる優れものですが、1グラムずつ出る
ようにするためには餌が出る穴の大きさを加減しなければならず・・・
結果から言うとほぼ無理なのです。
一回に全量出てしまうこともあるし、ひどいと3回分詰まって出ないことも
あります。
それでは出掛けられないので、1グラムが全量出るよう、穴を全開にして
一回だけ機械にお願いするのが、安心です。それでも出掛けられる時間
はやはり限られてしまいますが・・・・

自動給餌器2

あまりにも少ない量の餌なので、朝7時(夏時間)、正午と17時を完璧な
腹時計で察知するトト、大鳴きして知らせます。
やたらに鳴いていると思ったら時間が過ぎていて私があげ忘れている
ということです。
ストローの前で待たれると悲しくて、まだまだ時間じゃないよ、それじゃ
おかしゃん、出掛けられないよって気になります。

卵を産み過ぎで餌をセーブしなければならない小鳥の飼い主さんはすごく
多いと思います。
アナログすぎて偉そうなこと何も言えませんが、こんな仕組みでもないより
あった方がマシ、出掛けられますからね。
どこかの会社が小鳥用に自動給餌器作ってくれるまで・・・まぁ、ちょこっと
ご参考になればと思いました。

トトガチャピン

昔のトトとガチャピン。






トトの左足のこと - 2017.03.21 Tue

昨日は寒い一日でしたが、東京に桜の開花宣言が出ました。
もう桜の季節だってことにびっくりです。


トトは昨年12月に体調を崩しやっと元気になったと思ったら年が
明けて1月に左足を痛そうにあげるようになりました。

トトの足2月2日2

レントゲンの写真等怖くなってしまわれる方、見ないで下さいね~。
今日はこの記事の下に作品紹介はありませんので。


病院に行くときはいつもちゃんとカゴに入ってくれる良い子のトト。

病院

やはり一番最初に骨折などがないかの確認となり、レントゲンとなり
ました。 

レントゲン

幸い骨折は見つかりませんでした。卵をたくさん産んでいるので
卵関係での腫瘍などもないか診て頂きましたが、そちらも今の
ところ大丈夫でした。
小さな小鳥に診断をして病名を付けるのは 詳しい検査もできない
ので、とても難しいそうです。
だいたいこういうところから来ているのでは・・・という経験値から
お薬を出していくそうです。
それで症状が治まれば良いし、収まらなかった時は次のケースを
考えて新たなお薬を出すそうです。
トトは目に見えない小さな傷からバイ菌が入ったのではないかという
ことで、抗生剤を頂いて帰りました。

小鳥友達のみきさんから「プロポリスはどうですか?無ければお送り
しますよ」と優しい、お声かけを頂きました。
「それ、あります!そうか!それだ。」と冷蔵庫に眠っていたのを出して、
藁にもすがる思いで飲み水に混ぜ、更に腫れているところに毎日塗って
あげました。

プロポリス

これがあったのでそれ以上悪くはならなかったように思います。
辛そうなトトを前にしながら、してあげられることが思いつかないとき。
できることがあるのは「希望」で、本当に嬉しいものです。(*^^*)
ありがとう、みきさん。

2月はそれ以上悪化はしませんでしたが、それでもなかなか良く
ならず、抗生剤を変えてもらい、ステロイド剤も使いましたが、劇的に
変わることはありませんでした。

そうこうしているうちに、少し足に白いこぶ状のものが見える気が
したので、もしかして・・?と痛風を疑いました。
それで先生は(多分違うと思うとおっしゃりながらも私が心配するのも
あって)血液検査をして下さいました。

血液検査2

この検査の結果、尿酸値から痛風の疑いはすっかり消えました。
この中で異常に高い値は白血球数(WBC←野球じゃないよ)です。
正常値が5000-10000に対して51200もありました。
やはりバイ菌が入っているのかもしれません。
そうして変えること3回目の抗生剤がゆるーい効きではありましたが、
徐々に足が着けるようになり、腫れが引き・・・

一番腫れているとき。      3月に入って腫れが引いてきた。
トトの足 トトのあんよ

今は更に腫れが引いてきています。(完全にはなくならないのが不思議
ですが)それより右足に負担がかかって、カカトの部分にタコのようなもの
が出来てしまいました。床ずれになると大変なので、床にコルクのクッション
を貼り、その上にキッチンペーパーを敷いています。

でも、足以外は卵も出来ず(痛みはストレスなので、そのストレスで
できないのかもしれません)元気いっぱいのトトです。
せめて今のうち卵の方はうんと休んで欲しいと思っています。

少しずつよくなってきて、やっとご報告できる余裕が出てきました。
まだまだ心配ではありますが、皆様、ご心配して頂き本当にありがとう
ございました。(^^)





鬼は外、ロコは家。 - 2017.02.06 Mon

節分も終わり・・・

毎年このお面怖いんですよ、おかしゃん。
oniwasoto.jpg

100均で見つけたハムスター用の木のお家。
こういうものを置いても決して期待を裏切らないロコ。
すぐに入ってくれます。窓の点検もしてくれました。

アンヨがグーだからすぐ転んじゃうの。でもロコは転んだくらいじゃ絶対泣かないよ。
ロコハウス1

鬼は外、ロコは家。
oniwasoto4.jpg

立春も過ぎました。
ミモザ

まだまだ寒いですが、季節は春を迎える準備を始めています。
花の命は短いから・・・大好きなミモザの前を出来るだけ通ろう。


お花が咲き始めたけれど、まだ何とか来てくれるメジたん。
ひよちゃんに負けず固まりをごっくん!
marunomi.jpg

可愛いメジロ2

小さくて可愛くて綺麗な小鳥、こんなに近くで見られるなんて
夢のようです。人間以上にミカンを食べていますが・・・
いーんです。いいんです。
こんなにハッピーもらってる。

中にはロコちゃん。
「ミカンいいなーーー。」
ロコ外を見る
なんとなく、どこかで聞いたことがある・・・
頭が四角いのは女の子って。ロコちゃんは女の子でしょうか??
それはインコのことなのか、フィンチのことなのかも定かではない
のですが・・・・


鳥日記でした。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

飛び回る小鳥たち ver2

プロフィール

ことりか

Author:ことりか
ハンドメイドの小鳥のアクセサリーや雑貨などを作っています。
小鳥が可愛くて可愛くて、溢れる思いで制作しています。
自分自身が小鳥グッズ大好きで、お店でなかなか見つけられないグッズは
「じゃあ、自分で作っちゃえ!」から始まりました。
とても時間のかかる作品ばかりで数が少ないのですが、コンスタントに作り続けています。

人生の9割以上をセキセイインコと共に過ごしてきました。
卵を産んでばかりが悩みのタネのセキセイインコのトト4歳(♀)と我が家に持ち込まれた足の不自由な雀=ロコを保護中です。

好きなキーワードは
「小鳥」「鳥かご」
「家(可愛い形の家)」「雪」
「宇宙」「木工品」「樹木・花」
「ハンドメイド」「北海道」
「海」「山」など

ブログ内の作品、写真の著作権は放棄しておりません。模倣、転載、転売、盗用はご遠慮下さいませ。

オークション

Kotorika の お店

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

カテゴリ

オークション関連 (44)
作品 *セキセイインコ* (392)
作品 *野鳥* (69)
作品 *その他の鳥* (196)
その他の作品 (162)
絵 (9)
小鳥のこと (60)
一期一会の雲たち (29)
日々のこと (58)
未分類 (8)
作り方あれこれ (11)
ショップ関連 (25)
イベント情報 (9)

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

フリーエリア

ペットのおうち

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

リンク

QRコード

QR