なつ

2018-06

ある春の日のオーダー - 2018.05.30 Wed

ある春の日のオーダー。


この畳の上でテレビを一緒に見ている子たちはイギリスの作家さんが作った
イギリス生まれの小鳥たちです。(^^)

msama.jpg
                        Photo by M

この子たちのお家に一年半ほど前でしょうか。
白い小鳥が迎えられました。

飼い主さんはおでこの赤い小鳥とお顔が黄色い小鳥たちのミニチュア
をその作家さんに頼んで作ってもらいました。
でも、その作家さん、残念ながら今はオーダーを受けていないそうです。

新しい白い小鳥にもミニチュアを作ってあげたくて、飼い主さんが悩まれて
私に依頼してきました。
サイズを揃えて欲しいということ以外は、全てことりか流でお任せします。
でも、それでも何だか申し訳ないとのことで、随分悩まれたようです。

いえいえ、全然。(^^)
気にされるとなおさら雰囲気も揃えてみたくなる私!
それは課題があって、挑むみたいなちょっとスリリングな感じにも・・似て。
大丈夫!Trust me!と言いたかったけれど、そんなに腕に自信があるわけ
でもなく・・・少しためらいつつも受けてみました。

私の作風はリアルとデフォルメの中間くらい。
それをリアルよりにする感じ。

さっそく採寸が始まり、写真をたくさん送ってもらいました。
全長5㎝弱です。

msama2.jpg

つづく。


ショップ開いてます。
                 こちら↓か
      
        ショップボタン2jpg


左の小鳥のお顔のバナーからお入り下さいませ。




スポンサーサイト

小鳥作り & オカメの助手 - 2018.04.24 Tue

ここ2~3週間ずっと粘土で100円玉よりずっと小さな鳥を作って
います。
悪い目が更に悪くなって、遠くも近くもピントが合いにくくて肩凝りと
背中の痛み、他にもあちこち、もういろいろ大変です。(^^;)
長く続けるための努力というものがこれからはモノ作りの為に必要に
なってくるんだなと改めて思います。

kotori_201804240139230c4.jpg

↑これの2倍くらい出来ています。
今回の小鳥は目の色をちょっと焦げ茶色にしてみました。
わずかですが優しい雰囲気になって気に入っています。

ゴールデンウィーク明け頃に少しですが、ショップに作品を並べます。
作品ができ次第また正確にお伝えしたいと思います。


私の作品は2液性レジンが主で、技法的に必要なときに部分的にしか
UVレジンを使っていません。
2液性レジンは使い易い季節があり、最近は上手く行かない冬に無理
せず、良い季節に集中して作るようにしています。
そういう意味でレジンが使い易い季節にようやくなってきました。(気温、
湿度共に春、秋がベストかと)特に湿度が問題なのかなと思うことが多い
です。
それと冬はロコが私にべったりなので(暖を取りに来る)来ている間は
ロコのため、レジンは使えません。



「ブッダの世界を小鳥で」シリーズです。

ブッダ先生の助手はオカメインコちゃんが(実在モデルあり)勤めて
くれることになりました。
(注: このイメージ画像は選ばれなかった方のシロフクロウを使って
います)
jyosyu3.jpg


オカメちゃんにはカルテを書いてもらうか、

jyosyu1.jpg


ドクターズバッグを持ってもらうか・・・・

jyosyu2.jpg

どちらも可愛らしくクライアントさんも迷われましたが、ドクターズバッグに
決まりました。


切り株やバッグ、聴診器などの医療用品も作りました。
切り株の年輪は線彫りしたあと別の色の粘土を埋め込んでみました。

病院小物


それではまた~(^^)






芝完成 & ハナミズキ - 2018.04.18 Wed

「ブッダの世界を小鳥で」シリーズです。
前回は芝の制作過程を見て頂きました。

この芝、人工芝にするか、全て粘土で作るというどこまでも手を掛ける
作品にするか、予算も変わってきますので、クライアントさんにメリット
とデメリットをお話してお聞きしました。
今は人工芝もなかなかのものがあります。

人工芝↓
人工芝

でも粘土で作るとそこに地面の起伏が出せたり、小さなクローバーや
お花を付けるのも同じ粘土同士なのでなじみが違います。
なじみについて簡単に言うと人工芝は歯ブラシを上に向けて、その上に
豆などを接着剤で付ける様子を想像してみて下さい。
点での接着になるのでそれくらいなじみが悪いのです。

選ばれたのは粘土の緑。

芝

粘土で作るとこんな風に起伏も出るし、色もあえて均一に練らなかったこと
で自然な緑の感じが出てきます。
お花も綺麗に咲かせることが出来ました!


さて、何となくお分かりの方もいらっしゃるかもしれませんが、このブッダは
お医者様を表しています。
青空病院を開く敬愛するブッダ先生のもとに集まる小鳥たちを表現しようと
しています。
クライアントさんといろいろなアイディアを練りました。

このジオラマに看板を付けてほしいというご提案があり、こんな画像が
送られてきました。

IMG_3366.jpg

材料はたくさんあります。
長年集めて乾燥させている小枝の中からいくつか良さそうなものを選び、
イメージを作ってみました。

小鳥の病院

でもどこかイメージが違う・・・
正面を作りたくないという(どこから見てもいいように)ことで、この看板は
残念ながら没になりました。



トトです。
去年の今頃はおかしゃんのサンキャッチャーでデコを輝かしていました。
でも今はもっと輝いている世界にいますよ

kagayakudeko.jpg

これは今が盛りのハナミズキのお花をレジンで固めたブローチって
ものらしいです。
4-5年前だったかな?作ったときはそれは綺麗な色だったのに・・・・・
お花をすっかり乾燥させてレジンで空気を遮断しても時がこんな風に
してしまうんだって。なんか残念ね。

hanamizuki_2018041818325779e.jpg

これをおかしゃんがいじっていました。
この続きもまたいつかね!!(by トト)



 - 2018.04.14 Sat

今まで何度も書いてきたので長く読んで下さっている方には「すみません」
の話題になりますが、ポリマークレイという粘土は固いです。
空気に触れても固まらないのがメリットですが時間が経つとやはり更に
固くなります。
これを大量に(私の使うところの大量は親指一本分くらいなら大量です)
更に親指2-3本分くらいの量を練るには3-4時間~長いと5-6時間何かを
しながら、休んでは練っています。
もう翌日は指から肩からガッヂガヂの筋肉痛になります。
(私に力がないだけかもしれませんが)
粘土を柔らかくするために混ぜる粘土もあるのですが、それでも若干
柔らかくなる程度なので、まずはナイフで細かく刻んで粉を少しずつ
少しずつくっつけながら塊を大きくしていく感じです。

粘土1

ここまで練ったらもうゴールは間近というほど柔らかくなっています。
敢えて色は混ぜきらないでいます。

粘土2

軽くまとめたら、平らに延ばして芝を作っていきます。

粘土3

どんな風に芝を作るかというと、ひたすら穴を開けて、開けて・・・

粘土4

三日間ひたすら作業場に座っては穴を開け続けておりました。


粘土5

この芝はまだ完成ではなく途中です。



つづく (*^-^*)





たかがメガネ・・・ - 2018.04.10 Tue

オーダーの「ブッダの世界を小鳥で」の原型です。
クライアントさんから送られてきた絵です。
素敵ですよね!!

ブッダ
手塚治虫のブッダより


メガネです。
megane1_20180409224305159.jpg


megane2_20180409224307f51.jpg

前回、主人公に決定したシロフクロウさん。
sirofukurou3_20180409224308778.jpg

シロフクロウさんにメガネ①を掛けてみる。
sirofukurou5_20180409224311829.jpg

メガネ②を掛けてみる。
sirofukurou4_201804092243103b4.jpg

うーん、弦はいらないかも。
掛ける耳ないですものね。(鳥だって耳穴はあります)

レンズをレジンで入れてみました。
目がゆがむのでボツ。(簡単に没と言っていますが、レジンを使う
のは結構大変なのです)

白フクロウ眼鏡レジン


思いきって弦を取ってフレームに色を付けてみました。
アクリルは場合によっては時間が経つとパリッと剥がれてしまうので、
マニキュアを使ってみました。(使っていなかったエスティー・ローダー
が、まさかこんなところで使われるとは!!)
メガネがどんどん増えて行きます!

眼鏡


ありゃ?海坊主チックになってきた?
眼鏡2

たかがメガネ、されどメガネです!
本当に難しい ( ノД`)  (この回、メガネだけで終わった)

See you.





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

飛び回る小鳥たち ver2

プロフィール

ことりか

Author:ことりか
ハンドメイドの小鳥のアクセサリーや雑貨などを作っています。
小鳥が可愛くて可愛くて、溢れる思いで制作しています。
自分自身が小鳥グッズ大好きで、お店でなかなか見つけられないグッズは
「じゃあ、自分で作っちゃえ!」から始まりました。
とても時間のかかる作品ばかりで数が少ないのですが、コンスタントに作り続けています。

人生の9割以上をセキセイインコと共に過ごしてきました。
卵を産んでばかりが悩みのタネのセキセイ=トトは長生きさせてあげられず4歳7カ月で旅立ちました。今は我が家に持ち込まれた足の不自由な小さな雀=ロコを保護中です。

好きなキーワードは
「小鳥」「鳥かご」
「家(可愛い形の家)」「雪」
「宇宙」「木工品」「樹木・花」
「ハンドメイド」「北海道」
「海」「山」など

ブログ内の作品、写真の著作権は放棄しておりません。模倣、転載、転売、盗用はご遠慮下さいませ。

オークション

Kotorika の お店

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

カテゴリ

オークション関連 (44)
作品 *セキセイインコ* (407)
作品 *野鳥* (71)
作品 *その他の鳥* (208)
その他の作品 (176)
絵 (9)
小鳥のこと (61)
一期一会の雲たち (29)
日々のこと (60)
未分類 (9)
作り方あれこれ (11)
ショップ関連 (28)
イベント情報 (9)

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

フリーエリア

ペットのおうち

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

リンク

QRコード

QR