なつ

2018-06

「ブッダの世界を小鳥でシリーズ」最終章 - 2018.05.22 Tue

ブッダの世界を小鳥でシリーズ最終回です。(^^)

私の屋号のプレートです。
彫金プレートが私の理想なのですが、金属にまで手を出せていません。
ワイヤーとレジンを使って何かいい方法がないか考えておりましたが・・・・
青空病院らしく、どんぐりを飾って可愛いプレートが出来上がりました。

donnguripure-to.jpg

最後の最後にメガネを替えてみました。
(旧)
kozakura6_20180515133217563.jpg

(変更後)  きりっ!!!
好みは分かれるところでしょうが、依頼主さんのご意見で❤

完成41

芝生にも沢山のお花(タンポポ、クローバー、他)を飾りました。
粘土の芝生の下はダンボールで補強。

完成31  


青空病院2
完成21


手と比較すると結構小さいことお分かり頂けますでしょうか。

完成52


ドームを乗せる部分に接着剤を流し込みます。
ここはプラスチック用の接着剤ではなく、何かあっても中を修理できるように
あえて木工ボンドを使いました。
水で濡れたりしなければ、木工ボンドでプラスチック接着(乗せるだけなら)
十分可能です。

接着剤3

そしてドームを被せて、つ、ついに!!!
完成~~~♪長かったーー!

完成71


個人的にはドームは中のフィギュアがゆがむので立方体のアクリルを
使いたかったのですが、立方体よりずっとずっと全体が優しくまとまり
ました。これはこれでとても素敵なので、迷うところでした。


構想から何年かかって出来たのでしょうか。依頼主さんも急いでない
とのことで、頼まれたのも何年も前でした。
今回は依頼主さんのイメージがなかなか固まらず、イメージを引き出す
お手伝いをしながらの制作となり長い時間を要しました。
でも、自分ではなかなか考え付かない作品を私の手を通して制作させて
頂けて、その方のイメージを何とか形に出来たことに大きな喜びを感じる
作品になりました。

余談ですが、この作品はその方の大切な方へのプレゼントとなりました。

このシリーズを楽しみにして下さっていた皆様、感想や励ましのお便りを
頂きありがとうございました。ブッダシリーズはこれで完成です。
飛び飛びのブログにもかかわらず、お付き合い頂き申し訳ない気持ちと
嬉しい気持ちでいっぱいです。(^^)
本当にありがとうございました。

エネルギー使ったので、ここまで手の掛かる作品はしばらく作れない
or 作らないかも・・・なーんて思いつつ・・・・今日も作る私。(^^;)

                 ショップはこちら↓か
      
        ショップボタン2jpg


左の小鳥のお顔のバナーからお入り下さいませ。


それではまた♪





スポンサーサイト

シロフクロウのメガネ - 2018.04.05 Thu

桜も散り始め、今日はとても暑かったです。ついに扇風機稼働。
(世の中で私だけでしょうが)
でも、外ではオケラも鳴いていました。もう本当にびっくり、初夏ですね!

昨年5月に思い立って始めたラジオ基礎英語1。
月に1度くらいは聞き忘れがありましたが、今年度無事聞き終えました。
インターネットラジオのおかげで電波が届かない、聞こえないということ
もなく、時間近くになるとちゃんとアナウンスをしてくれるサービスもあり
ます。
英語を始めるきっかけとなった、私のヨガの師匠の師匠(アメリカ人)が
今年も4月に日本に来てレッスンをしてくれます。
1年間中学一年生の勉強をして、じゃあ喋れるようになったか??
それは・・・否です。
文法的には問題ありません。わからないところもほぼありません。
でも、普通の会話速度になると聞き取れない、喋れないの典型です。

単語と単語をくっつけて話すと新たな耳慣れしない新単語になってしまう
という衝撃と面白さで1年間惹き付けられてやってきました。
でも毎日やってもまだ全然経験も実践も足りません。
可能なら1日3回の放送を3回とも聞いてもう少し経験値を上げるのが
ベストな気がしますが・・・
そこまでの情熱もなく・・・もう一度基礎1をやるか、4月はどうしたものか
と悩んでいましたが、本屋さんで買ったのは「基礎英語2」でした。(^^)v
基礎1はテキストなしで聞いてここは基礎2に進もう。

でも今年も師匠にお会いして「モゴモゴゴニョゴニョ」はほぼ決定。
あああーー、せめて一回で聞き取りたいものです。

kisoeigo.jpg

最後の放送のときは思わず「うっ・・・」と泣きそうになってしまいました。
こんな小さなお別れでも込み上げるものがありました。




「ブッダの世界を鳥さんでジオラマ」(今、命名)
ブッダはシロフクロウに決まりました。
次はメガネをご希望だったので、メガネの試作品作りです。
ワイヤーの太さや色を替え、ボツも入れると20個くらいは作ったでしょうか。
顔にぴったりになるよう弦の幅、目と目の間の距離、レンズをレジンで入れ
たり、入れなかったり・・・

白フクロウ眼鏡1


白フクロウ眼鏡2


megane.jpg

が、しかーし。このあと更にメガネは進化します(笑)


So long for now.






シロフクロウ & 桜が咲きました - 2018.03.30 Fri

ブッダのジオラマ、主役の鳥さんが長い長い打ち合わせの末シロフクロウに
決まりました。

そのシロフクロウ、3羽作りました。
頭だけの子がいますが、ちゃんと身体も作りました。
何故こんな姿かというと身体があるときに写真を撮り忘れたからです。(ぷぷ)
そして明らかに大きくてドームには入らないと思ったので、クレイ節約のため
身体部分は元の粘土の塊に戻しました。(頭はすでに黒の粘土も使っている
ので戻せず)

真ん中の子の目はレジンです。
小さなビーズ位の大きさなので、細かすぎて、何度も何度も失敗し投げ出し
たくなりました。
結局オーダー主様が選ばれたのは真ん中のフクロウ。


sirofukurou1.jpg


sirofukurou2.jpg

白い粘土や薄い色の粘土というのはものすごく大変なことがあります。
それは汚れやホコリ(繊維)が目立つということです。
このポリマークレイを使う人はみんな悩みどころだと思います。
私自身の経験から言うと作る前に手の指の指紋の中までブラシで洗う
という感じでしょうか。徹底して手を洗うとホコリが付きにくいです。
(その代り手荒れが酷くなる。)
同時に空中のホコリをキャッチしやすいので、大きな動きは避け(笑)
人気のない夜中とか日中とかに息を潜めて練り、作ります。
それでも入ってしまったホコリは造形物の形が崩れる覚悟で取るしか
なく、本当に作り手泣かせの「白粘土」です。

真っ白な子はそれだけで他の色の子を作る何倍も手が掛かるのです。



満開になりましたよ、桜。
今年は久しぶりに実家の父と母を誘ってお花見に出かけました。

sakura_20180330024433ee7.jpg

往復私が運転して、買い物をし、お弁当を食べて二人もとても喜んで
くれて、良いお花見になりました。



帰宅後は暖かいついでにベランダで、ついに今年買ったミモザ
(ギンヨウアカシア)の花が終わったので、剪定をして植木鉢を
替えてみることに。
強剪定をするとそのあと勢いが出るということなので、恐る恐る一番長い枝
(空に向かって一直線の枝)をハサミでチョッキン。
切り取った枝にも元の枝にも小さな新芽がたくさんついている。
良い樹形になってくれますように!
というか剪定失敗で枯れませんように。(^^;)


剪定2


See you!




ロコのポッケ & ジオラマその1 - 2018.03.20 Tue

春になったと思ったら冬に戻って、行ったり来たりの春です。

ロコは暖かい場所を見つけました。
足指が開かないのと足にほぼ力が入らないので普通の鳥のように
しがみつくということが出来ません。
肩からお手玉が落ちるようにスポンと偶然入った襟元。


ここからはロコがナレーターです。

「おかしゃんは偶然って言うけど、ちゃんと良いポッケ目指して
すべって入ったんだよ、今日はここで暖を取るの。」

rokodakko.jpg

おかしゃん温かいからね、いいでしょー。ポカポカなの。

rokodakko2.jpg



おかしゃんに手作りのバッグが届いたんだって。
インコのバッグ、すごいね!お口がワイヤーでパカッと広がるんだって。
キルトでしっかり仕立ててあって、すごく丈夫でフカフカ。
これ、おかしゃんに絶対似合うと思うよ
おかしゃん鳥がついているとテンション上がる単純な人だからね。
「ひぇぇぇーーー」って言ってたから、絶対「はぁー幸せ~」って思ってると思う。

bag.jpg

bag2.jpg>

bag3.jpg>

バッグの中には小鳥の靴下やハンカチ、文房具がびっちり入っていて、
おかしゃんアワアワしてた。

kutusita_20180320163342cc6.jpg

kotorizakka.jpg

可愛いね~ってずっと目をキラキラさせて見ていたよ。
内緒だけど、おかしゃんいい歳こいて、いっつもインコの靴下履いてる
んだよ。靴履けば見えないから、自分が幸せならいいんだって。
ロコの靴下もあればいいのに。インコだけいいなー。

でもおかしゃん今ロコに似た子をたくさん作ってるよ。
またいつかお見せすると思います。
じゃねー、ロコでした。



さて、オーダー品の紹介です。
このオーダーは実は数年越しでデザインを擦り合わせたものです。
オーダー主さんが特に急いでいなかったのと、目指しているものは
決まっているのですが、デザインが具現化しないので、あれこれ、
こちらからアイディアを提供して選んでもらい、少しずつ少しずつ形に
していきました。
そのために小鳥もたくさん試作品を作ることになりました。

イメージラフスケッチ色々。

ラフスケッチ


オーダー主さんの目指すところは「たくさんの老いも若きも病める子も
元気な子も、菩提樹の下にブッダが居るのを聞きつけて喜んで走り
寄ってくる」というイメージ・・・・・それを鳥の世界で表現するという、
難し~いご依頼でした。


つづく。









ミモザの苗 & ワカケペンダント - 2018.03.15 Thu

大好きなお花で何年も探していましたが、どうしても見つけることが
できなかった木。

ギンヨウアカシア、別名ミモザ。
ついに私の家に!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆やってきました。
ようこそ。

ミモザ2

って、随分ひょろひょろのか弱き木なんですけど。
しかも根本から横にぴよーん。
でも、買った時期がこの辺りの開花時期をとっくに過ぎていたので、花は
期待していなかったのですが・・・・ついてる~~!可愛いーー。
今年も花を愛でられた幸せに比べたら、か弱いとか横にぴよーんが何さ。

ミモザ3

大切に育てます。  .゚+.(・∀・)゚+.
きっと・・・(花後の思い切った剪定が大切とかあるけど、このか弱い枝
のどこを切ればいいのか、とっても心配)(T T)






ワカケホンセイインコのペンダントトップ。

最初に底になる透明のレジンの膜を作り、枠の中に小鳥を入れる
作り方です。このブログのカテゴリーの中の「作り方あれこれ」の中に
私流ですが作り方書いてあります。
他にもたくさん作り方があるので、作り方の1つとして参考にして頂ければ
と思います。
裏からも見えるので小鳥の背中側も作ります。
ワカケちゃんの回りはシャボン玉がたくさん。
涼しげに出来ました。(^^)

キティ52


キティ51

モデルの子
キティ11



これで全て完成しました。
すでに昨年末お送りしていますが、最後の一つの紹介をしました。

しおり2


ラッピング2


春になりましたね~。
今日は暑いくらいで洗濯物が見事に乾きます。Goodです!

See you !


















NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

飛び回る小鳥たち ver2

プロフィール

ことりか

Author:ことりか
ハンドメイドの小鳥のアクセサリーや雑貨などを作っています。
小鳥が可愛くて可愛くて、溢れる思いで制作しています。
自分自身が小鳥グッズ大好きで、お店でなかなか見つけられないグッズは
「じゃあ、自分で作っちゃえ!」から始まりました。
とても時間のかかる作品ばかりで数が少ないのですが、コンスタントに作り続けています。

人生の9割以上をセキセイインコと共に過ごしてきました。
卵を産んでばかりが悩みのタネのセキセイ=トトは長生きさせてあげられず4歳7カ月で旅立ちました。今は我が家に持ち込まれた足の不自由な小さな雀=ロコを保護中です。

好きなキーワードは
「小鳥」「鳥かご」
「家(可愛い形の家)」「雪」
「宇宙」「木工品」「樹木・花」
「ハンドメイド」「北海道」
「海」「山」など

ブログ内の作品、写真の著作権は放棄しておりません。模倣、転載、転売、盗用はご遠慮下さいませ。

オークション

Kotorika の お店

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

カテゴリ

オークション関連 (44)
作品 *セキセイインコ* (407)
作品 *野鳥* (71)
作品 *その他の鳥* (208)
その他の作品 (176)
絵 (9)
小鳥のこと (61)
一期一会の雲たち (29)
日々のこと (60)
未分類 (9)
作り方あれこれ (11)
ショップ関連 (28)
イベント情報 (9)

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

フリーエリア

ペットのおうち

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

リンク

QRコード

QR