FC2ブログ
TOP秋画像2

2019-11

ロコの病状 (神経障害) - 2019.10.17 Thu

ロコのことご心配おかけしております。

何とも言えない状態が続いておりますが、病気の
ことなので、苦手な方はスルーしてくださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ロコが8月の終わりに大きな発作をおこしてから
ひと月半。
この時からもともと悪い脚がさらに不自由になり
ました。
小さい発作は毎日ちょこちょこあります(軽く左胸
や左足を突いて右によろける)

そして時々中程度の発作。(キャルルルと声を上げ
左胸を激しく突いたあとぐるぐる回転する。転げ
まわる。高いところにいるときは落ちる)

そんな小さい発作と中くらいの発作を繰り返して
概ね落ち着いてはいるかなというところで大型台風
19号が襲来。
気圧の低下を警戒していましたが、意外にも大きな
発作もなく過ごせ、やれやれと思っていました。
が、なぜか台風が去った翌日から少しずつ発作が
大きくなり、回数も増え様子を見守って3日目、
これは看過できないぞと発作の様子も撮れたので、
本人に負担がかからぬよう、私だけ小鳥の病院に
相談に行ってきました。

先生はMRIも撮れないし、脳波も測れないので、
確定診断はされませんが、やはり「てんかんな
のではないかなァと思います」とおっしゃって
いました。
この三日については頻度や酷さは1,2,3で悪く
なっています。
結果、10日間だけお薬を追加して(強くして)
いったんとにかく休ませましょうということになり
ました。
いつも心配していることを一つ一つ丁寧に答えて
くださるし、分からないことは分からないと言って
くださるので、かえってとても信頼できます。
お人柄なのか先生とお話をするだけで安心して
しまいます。
気になる強いお薬での肝臓の負担も、ちゃんと
保護するお薬が含まれているそうです。
そして、頓服にあたる?鎮静剤についてのお話も
してきました。(最初の大発作で立てなくなって
痙攣しているときに使ってもらった)
これはもちろん多用はできないでしょうし、飼い主
がいざというときに使える(注射ではない)お薬も
あるそうですが、使うタイミングや頻度が分かり
ません。

お薬を強くしていただいたので、それで安心して
私も夜寝ましたが・・・
結果的に翌日も朝からずっと発作があり、12時間
以上に亘りました。
小鳥の神経障害・・・・・
たくさん小鳥を飼ってきた私もいろいろな小鳥の
病気を経験しましたが、神経障害(脳)というのは
経験値がゼロで、ショックも大きかったし、経過も
想像さえできません。
本日病院は休診なので、どうやって今日一日を
乗り切ろう・・・(涙)

でも病院がお休みの時、夜中に大発作が起きた
時、等どうすればよいかをあらかじめ伺っていた
ので助かった部分がとても大きいです。
「とにかく落ち着かせる」を徹底するそうです。
ロコの場合はいつも抱っこされているせいか、
優しく手で包み込むと発作を抑えることができる
のが分かりました。

肩や手で眠るのが大好きロコちゃん。
おかしゃんの手はめっちゃ熱いからね~。ぽっぽこ
suyasuya2.png



ロコのねんね用の小さな移動キャリーに二度ほど
落ち着かせるために入れましたが、途中で怪我を
するレベルで暴れるので抱っこに戻します。

抱っこの手の中で絶対粗相をしない子なので、
必ず手から飛び出て、外でします。
朝から抱っことウンチの繰り返しで手から飛び出す
と、そのジャンプや動きが刺激になるのかその場で
悲鳴をあげてぐるぐると回ったり、もんどりうつ様に
暴れます。

そんなこんなで抱っこでパソコンを打ったり、(昨日
の青森の話は抱っこしながら右手オンリーで打ち
ました)作品を作ったり家事をしました。
レオから帰る連絡があったときは思わず夕飯の
お弁当買ってきて~、抱っこ代わって~と泣きごと
を言ってしまうほど私の全身も板のように固まって
いました。

みなさまも大切なペットが病気の時はきっと色々
症例やら、経過を知りたくて検索されますよね。
私も何とか安心したくて毎日いろいろ調べています
が、やはり小鳥のてんかん症状に近いと思うよう
にもなりました。
もしてんかんだったとしたら、それを受け入れ、
きっといつかはうまくコントロールできる日がくる
だろうと希望はもっています。
ただそれが酷くなってきているので、進行性の
ものが原因でなければいいなと祈る気持ちで
いっぱいです。

そして22時頃、一日中力いっぱい暴れる発作に
疲れ果て脳がやっと休む信号を出してくれたのか、
ロコがヒナの頃に寝ていたお布団代わりのマフラー
(レオの幼稚園のときのマフラー)にくるまれて、
ようやく寝始めました。

mafura-.png
暗いところで撮ったのでぶれぶれですが、可愛いの
なんの。(; ;)泣けるレベル。

ホッとしすぎて涙が出そうです。
小鳥の安心して眠る姿と羽繕いする姿はこの世で
最高に幸せで美しい姿です。
ロコの隣で寝ていますが、耳だけは絶対起きて
いるという、この不安のエネルギーに反応する
身体ったら!!

いつも7時にそうっと覗いて、8時に暗幕を外し
おはようをしますが、今日はしません。
ぐっすり眠っています。
9時も起きません。お腹すいていないかちょっと
心配です。
10時、そーーっと幕を開けたら立っていました。
「ろこーーーー、おはよう」
今日もおはようしてくれたんだね!

おててでねんね


フォーミュラの流動食(強い薬で溶いたもの)を
用意し、抱っこで食べさせると食べる食べる。
食べてくれるだけでも、嬉しくて有難くて。
そして手からぴょんと出ると朝のウンチ。
でも、それをしたあとまた酷い発作が出てしまい
ました。
今日は負担になるけれどロコを連れて病院へ
行きました。
病気が病気だからか、予約外でしたが、すぐに
呼ばれました。
先生は発作の様子を見て、(キャルルルと鳴き
ながらずっと尾羽の付け根を突いたり、足を噛んで
回っています)
しばらく考えておられましたが、「注射しましょう」
と、準備をされました。

てんかんの症状の一つに体のどこかがチクチク
ピリピリ痛むとありました。
見る限りそういう感じです。
ふいに胸や脚が痛んで、「え?何?何?虫?」って
言いながらつつくような感じに見えます。
そしてそれを気にしてつつくときに回転して、最後は
ゴロゴロのたうち回るのではないかと勝手に想像
しています。
それから、もうひとつてんかんの症状にぼーっとする
というのがありました。
それを読んで、過去に二度ほどロコがおかしな程
固まったことがあって、写真を撮ったのを思い出し
ました。なんとなく目がカメレオンのようにそれぞれ
違うところをみているような感じで、身を潜めるように
姿勢を低くして固まっているのです。感覚的には
2-3分だったでしょうか。
「どしたのー?ろこー?」って笑っていましたが・・・

かたまる
このときです。

今思うとそうだったのかもしれません。
他にもいくつか過去に思い当たる節がありました。
と同時にてんかんってこんなにずーっと発作続く
ものなの??
そもそも発作って抱っこして収まるものなの?
もしかして左半身が痛くて転げ回っているの
では?などと考えたりもします。
いくら考えてもお医者さんではないので分かり
ませんが(^^;)

注射を打つ前に保定されるとき、ロコは先生の手
から飛び出しましたが、先生が「結構元気なのね」
みたいなことをおっしゃっていました。
昨日の12時間以上に亘る発作の時ももう覚悟し
なくちゃいけないかもと思いましたが、抱っこした
時の身体の充足感?小鳥は弱ったとき綿のように
軽くなって亡くなることが多いのですが、それが
なく力が制御できないという感じです。
グーのアンヨも綺麗なピンク色です。
それが少し希望ではあります。

注射を打ってもらったロコは前回のようにペタンと
つぶれるように静かにはなりませんでした。
きょろきょろあたりを見回しつつ、体は固まっていま
す。先生と何もしゃべらず三分くらい二人でカゴの
中のロコを見つめていました。「効いたかな?」
「もし発作が不安だったらこのまま病院でお預かり
して発作が起きたらもう一度注射をして、それで
夕方お迎えに来ていただいてもいいですよ」と
言われ一瞬自分の寝不足や体の辛さから解放
されたいと思いましたがいやいや、ロコの変化に
誰よりも先に気付けるのは飼い主の私以外
いないし、環境の変化にとても怯えるので、理由を
話し、「なにかあったらまた来てもいいですか。」と
お願いしました。
先生も「それがいいですね、いつでも来てください」
(もう、ここがこの先生好き)と言っていただけたの
で心配だけれど連れて帰りました。
帰りの車の中では半分効いた薬と発作の狭間で
シュエー、シュエーと聞いたことのない叫び声を
上げ続け、連れ帰ったのがよかったのかわからなく
なり涙で運転できなくなりそうでした。

帰宅後はシルバニアの入った犬猫ちゃん用の
ハウスは嫌がり、おねんね用のキャリーで静かに
しています。薬がどれだけ効いて身体を休めて
くれるかわかりませんが、一時間でも多く、発作
が出ない時間を作ってあげたいです。
発作が続くと連続するようになり、そうなると命
に係わることもあるようです。

おかしゃんも口唇炎になったり、全身蕁麻疹に
なったり、ストレスの連続ですが、なんとか上手に
気持ちを切り替えてやっていきたいです。




追伸: 名無しのごんべいさんが明るいスコップ
     三味線で応援のコメントを下さいました。
     なんとまぁ、元気の出るコメントだったこと
     でしょうか。
     有難くて可笑しくて笑わせてもらいました。
     本当にありがとうございます。










スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

ラグビー コザクラジャパン?! «  | BLOG TOP |  » 青森へ その4

飛び回る小鳥たち ver2

プロフィール

ことりか

Author:ことりか
ハンドメイドの小鳥のアクセサリーや雑貨などを作っています。
小鳥が可愛くて可愛くて、溢れる思いで制作しています。
自分自身が小鳥グッズ大好きで、お店でなかなか見つけられないグッズは
「じゃあ、自分で作っちゃえ!」から始まりました。
とても時間のかかる作品ばかりで数が少ないのですが、コンスタントに作り続けています。

人生の9割以上をセキセイインコと共に過ごしてきました。
卵を産んでばかりが悩みのタネのセキセイ=トトは長生きさせてあげられず4歳7カ月で旅立ちました。今は我が家に持ち込まれた足の不自由な小さな雀=ロコを保護中です。

好きなキーワードは
「小鳥」「鳥かご」
「家(可愛い形の家)」「雪」
「宇宙」「木工品」「樹木・花」
「ハンドメイド」「北海道」
「海」「山」など

ブログ内の作品、写真の著作権は放棄しておりません。模倣、転載、転売、盗用はご遠慮下さいませ。

オークション

Kotorika の お店

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

カテゴリ

オークション関連 (44)
作品 *セキセイインコ* (446)
作品 *野鳥* (78)
作品 *その他の鳥* (223)
その他の作品 (194)
絵 (9)
小鳥のこと (73)
一期一会の雲たち (29)
日々のこと (67)
未分類 (11)
作り方あれこれ (11)
ショップ関連 (31)
イベント情報 (9)

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

フリーエリア

ペットのおうち

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

リンク

QRコード

QR