FC2ブログ
ブログ秋22

2018-09

海のかけら2018 その2 - 2018.08.27 Mon

春に窓の外にスズメさん用の餌台を設置しました。
いつも制作をする南東の窓ではなく北側の窓なので、スズメさんたちの
姿はゆっくり観察できませんが、毎日大賑わいなのは食べ散らかした
餌で分かります。 今は夏の雛を連れた親子連れが毎日4-5羽やって
きています。

そうして散らかした種が下の鉢植えやらプランターに落ちて、
落ちた種から根が出て、そのうち立派な単子葉植物になりました。
でもヒエなのか、キビなのか?粟?なのか全然分かりません。

でもとりあえず、インコの餌の何かの種から出来た自家製「緑穂」の
初収穫となりました。

緑穂

緑穂は聞いたところによると柔らかくミルキーなんだそうです。
ロコはこれが美味しいとは分からないようで、最初ひたすら闘って?
いましたが、なんと!出かけている間に綺麗に食べきっていました。
良かった!
緑穂は北海道の農家さんから買っているのですが、家で採れるなら
「新鮮さ」では一番ですよね!(美味しさは北海道に当然叶わない。)




海のかけら その2
層を重ね、バリを取ったり、上手く行かなかったときは削ったり、
磨いたり・・・またレジンを重ねたり。
本当に本当に時間がかかります。(^^;)


kezuri.jpg


海のかけらB6


海のかけらB1


海のかけらB3


海のかけらB4


海のかけらB5


オーダーを頂いて数年ぶりに作る気になった海のかけらなので、
3つ作ってみました。
これは次回お店に並べる予定です。




あれから1年 - 2018.08.27 Mon

今日でトトが旅立って一年になります。
トトのお家は綺麗に掃除されてそのままの位置です。
悲しいから片付けようとか、次の子をお迎えするまでとか、そんなこと
も何にも考えられず・・・ただ時が流れて行きました。
未だに新しい子を「お迎え」という気持ちになれないことに驚いています。
今まで子育てが大変な一時期を除いてセキセイインコがいなかったとき
がないくらいですから・・・・

可愛かったトトを思い出してはぴゅ~っと隙間風が入り込むような虚しさ
を覚えます。
出来ることは全部やり切ったくらい医療費も自分の時間も使いました。
そういう意味では後悔はありませんが、最後まで医療的指導でお腹一杯
ご飯を食べさせてあげられなかったことは今も悲しいです。
どうか向こうでたらふく食べて、満たされていて欲しいと思うばかりです。

これから「新たに小鳥を飼うことは絶対ない」なんて思っていないし、今は
心が充電されていなくて、出会いを見つける気力やチャンスが訪れていない
だけなんだろうなと思っています。
それに可愛い可愛いロコがいてくれてますから!
寂しいことはありません。


可愛いトト。美人さんだったねー。
とにかく美しい羽色や模様が魅力的で、よく分からないおしゃべりを
ずっとしていた女の子でした。

褒める


上を見るトト


トトの良い所



台所に飾ってます。

トトの思い出


近いうちにショップに少し商品を並べようと思っているのですが
なかなか進まず、もうしばらく時間がかかりそうです。
準備が整いましたら、こちらでお知らせします。


See you !





海のかけら2018 その1 - 2018.08.18 Sat

押し入れを整理して刺し子の布巾を見つけました。
15年くらい前?にやりかけて放っていたもの。
とにかく作って片付けちゃおうという気になったので、息抜きにちくちく。
(中毒だ)

sasiko.jpg

下絵はもとから描いてあるし単純作業だから無心になれて楽しい!
柄も畑の夏野菜だし♪




海のかけら。
海のかけらを作ったのは何年も前だけれど、同じ名前の作品をよく見ます。
最初は「ややっ!」と思ったけど、考えてみたら普通に思い付く名前なの
でしょう。 私ネーミングとかコピーのセンスがあまりないので。(^^;)

この作品は以前も書きましたが、レジンを使ったときのレジンのあまりで
出来た副産物です。
毎回レジンの余る量も違うし、いつ余りが出て層にできるかも分からない。
複数層(20層前後)で出来ていて、手の掛かり方と値段設定が乖離して
いくので、今までも何度かお問合せを頂きましたが、申し訳なく、とても
残念に思いながらもお断りしておりました。

多くの作家さんは未熟さゆえにかかる時間や作業を値段には反映して
いないはずです。 
お客さんの喜んでくれる姿を想像しながら、お手元に無事届くまでやりとり
を繰り返し、お客さんの喜びを力に変えて制作しているのだと思います。
そしてレジンの工程も腕の未熟さを含めず、一定の基準が自分の中で
はっきりしてきたこともあり、今回オーダーを受けてみました。
(逆にそうやって身を削って設定した値段が高いと言われるとものすごく
悩んでしまいます。)

かかりそうな値段はあらかじめお伝えしており、出来上がったものがお気
に召されなかったらキャンセルOKにしています。

お客様のご希望は海の色(明るい水色)とエンゼルフィッシュとウミウシを
入れることだけ。
あとはお任せでした。
でも今回はオーダーなので、余りのレジンではなく、このためにレジンを調合
しています!
層は16層前後です。
なかなか手のかかる作品だったので出来た時の喜びはひとしおです。(^^)


A1

海月も泳いでいます。

海のかけらA2


海のかけらA3


海のかけらA6


海のかけらA5


海のかけらA4


25㎜×25㎜×20㎜ 手のひらの中の小さな海、光りにかざせば私だけの
海がキラキラ輝きます!



お店は開けておりますが時々メンテナンスをします。 ご了承ください。

                 こちら↓か
      
        ショップボタン2jpg


左の小鳥のお顔のバナーからどうぞ♪





送り火 - 2018.08.17 Fri

この夏は少し積極的に出掛けたいなと思って、まずはオルガンコンサート
にレオと出かけて来ました。
最近はこういうコンサートとかもめったに行かないので、せっかくのチャンス、
いろいろ条件が揃いませんでしたが、何とか楽しんで来ました。


ぱいぷおるがん2

演奏の前や後でしたら近くて見られます。
レオが曲やら楽器にいろいろ詳しいので教えてくれて、完全に役割逆転。
子供に教えてもらえるなんて楽でいいわー。
意味がよく分かっていなかったフーガの形式(フーガの大きな特徴は、
カノン同様、同じ旋律が複数の声部に順次現れるということである。
ウィキペディアより) 聞いた曲では主旋律を右手で弾いたあと、左手
に主旋律が移り、最後は足が主旋律になるという!その神業のような
(普通なのかしら?)演奏に圧倒されて、美しい音色に癒されてきました。

ぱいぷおるがん4


ぱいぷおるがん5

おおお、足の鍵盤数が多すぎるじゃないか・・・・・
鍵盤数が多いせいか演奏者がお尻を軸に左右に転がるように足を使って
いて変なところが気になる私でした。(^^;)




小鳥のお盆2
送り火です。

小鳥のお盆1


小鳥のお盆2


あっという間のお盆でした。
お盆に相応しい映画も見ました。 
「リメンバー・ミー」 2018年日本公開、メキシコが舞台のピクサーの映画です。
キャッチコピーは「それは、時を超えて―家族をつなぐ、奇跡の歌」。
映画の中で主人公のミゲルが唄う歌を日本の石橋陽彩君という13歳の少年
が吹き替えで唄うのですが、その声の美しいこと。(吹き替えで見ました)
声だけで涙がじわわわーっと出てきてしまいます。(つД`)ノ
映画のおかげで、会ったことのないご先祖様にまで思いを馳せました。
メキシコにも日本でいうお盆のような他界した先祖が家族に会いにやって来る
「死者の日」があるのですね。
あまりにも楽しげなので、あちらに行く楽しみが出来そうです。(^^)


お盆を過ぎたら、急に風が柔らかく爽やかになりました。
まだまだ暑い日来るでしょうけれど、窓を開けると秋虫の声。
季節がまた一つ進んでいます。



      ショップは  こちら↓か
      
        ショップボタン2jpg


左の小鳥のお顔のバナーからお入り下さいませ。


小鳥のお盆 - 2018.08.12 Sun

暑い暑い毎日が続いています。
台風もよく分からないまま過ぎて行きました。
あちこちで信じられない豪雨。
野菜も採れなくて高いです。(我が家の畑の野菜は採れに採れて最終章
なのでいよいよ買うときが来そう)
ベランダの植物も忘れず水をあげているのに花芽を落としてしまいました。
危険な暑さなんだと身を持って感じます。


今年は一際大きく聞こえる蝉しぐれ。

せみ

オットが帰宅途中歩道の真ん中で拾ったというカブトムシ。

かぶとむし2

嘘みたいに可愛い目。

かぶとむし1

逃げた子ではなく野生?なんだと思います。
理由は小さめだから・・・
小さいけれど立派な角とピカピカの身体。

カブトムシの匂い、分かりますか?
私は1メートル以内なら鼻だけでカブトムシ見つけられます。
(っていうくらい臭いですよね)

みんなで眺めて、写真撮らせてもらって、ベランダのコニファーに乗せて
あげました。
今度は道路の真ん中に落ちないでね。 バイバイ(^^)



今年の「小鳥のお盆」は粘土で作りました。
去年は本当の野菜で作って、飾っている間に傷ませてしまいちょっともったい
なかったので。


乗せ切れなかったたくさんの子たもみんな帰っておいでね。

お盆1


お盆2


お盆3

馬と牛の足は爪楊枝、尻尾は刺繍糸。
お供えの野菜や果物は20代のときに作った作品。 物持ちいい(笑)
西瓜はリーメント(ぷちシリーズだったような)。


作ることで小鳥たちを偲んでいます。


世の中お盆休みですね。
楽しいお盆休みをお過ごし下さい。


        ショップは  こちら↓か
      
        ショップボタン2jpg


左の小鳥のお顔のバナーからお入り下さいませ。








NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

飛び回る小鳥たち ver2

プロフィール

ことりか

Author:ことりか
ハンドメイドの小鳥のアクセサリーや雑貨などを作っています。
小鳥が可愛くて可愛くて、溢れる思いで制作しています。
自分自身が小鳥グッズ大好きで、お店でなかなか見つけられないグッズは
「じゃあ、自分で作っちゃえ!」から始まりました。
とても時間のかかる作品ばかりで数が少ないのですが、コンスタントに作り続けています。

人生の9割以上をセキセイインコと共に過ごしてきました。
卵を産んでばかりが悩みのタネのセキセイ=トトは長生きさせてあげられず4歳7カ月で旅立ちました。今は我が家に持ち込まれた足の不自由な小さな雀=ロコを保護中です。

好きなキーワードは
「小鳥」「鳥かご」
「家(可愛い形の家)」「雪」
「宇宙」「木工品」「樹木・花」
「ハンドメイド」「北海道」
「海」「山」など

ブログ内の作品、写真の著作権は放棄しておりません。模倣、転載、転売、盗用はご遠慮下さいませ。

オークション

Kotorika の お店

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

カテゴリ

オークション関連 (44)
作品 *セキセイインコ* (412)
作品 *野鳥* (71)
作品 *その他の鳥* (211)
その他の作品 (186)
絵 (9)
小鳥のこと (62)
一期一会の雲たち (29)
日々のこと (60)
未分類 (9)
作り方あれこれ (11)
ショップ関連 (30)
イベント情報 (9)

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

フリーエリア

ペットのおうち

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

リンク

QRコード

QR